普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.29表紙

vol.29
2019年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 225
  • から
  • 232

16

神楽笛製作者

市本 光男

(イチモト・ミツオ)

自分の笛で神楽の幕が上がる。
それはもう、鳥肌モノですよ

安芸高田市の高猿神楽団で副団長を務める市本光男さん。神楽団の設立間もない頃、小道具を調達するため、必要に迫られて神楽笛づくりに取り組んだという市本さんですが、現在は笛づくり工房を構え、320(光男)ブランドの笛づくりに精を出しています(笑)!

銘を入れるかわりに、先を斜めにカットしたのが特徴だという320ブランドの神楽笛。神楽笛にご興味のある方は、メールでお問い合わせください。

●笛工房320
(問)市本/携帯アドレス Kannabi-8181__v1-m.t.o@docomo.ne.jp

・神楽笛      5,000円
・神楽笛ストラップ 2,000円
・神楽笛ピアス   2,000円

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

オレッチ自慢の帽子は パピーの手づくりだじぇ♡…

セラピーキャット

盛 クゥー

アニマルセラピーといえば主流はイヌ。環境の変化によってストレスを抱えやすいネコは、セラピーアニマルには不向きと思われていました。ところが盛家のクゥーちゃん(♂4歳)は、その常識をくつがえしたスゴイにゃ...(続きを読む)

普段着だった頃の着物には、 女の子の〈カワイイ〉が いっぱい詰まってるんです

キモノコーディネイター

板羽 エミコ

“雑誌で見たようなアンティーク着物を着てみたい!” そんな女子たちの夢をかなえる『放課後キモノ倶楽部』。倶楽部の主宰者・板羽エミコさんは、京都で着付けの修行をするかたわら、骨董市やアンティーク着物 店...(続きを読む)

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。