普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.26表紙

vol.26
2018年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 201
  • から
  • 208

50

造形作家

加藤 宇章

(カトウ・タカフミ)

生命の始まりのカタチを求めて

「土に無理をさせると、必ずしっぺ返しがある。ねじ伏せられないところがいいんですよ」と、テラコッタの魅力を語る加藤さん。撮影時に作っていたユニークな形状の作品は、ヨーロッパを旅行中に見かけたシャボン玉アートの大道芸にインスパイアされたものだという。空気に触れ、ユラユラと変幻自在にカタチを変えるシャボン玉の何かが、どうやら加藤さんの創作スイッチを入れてしまったみたいだ。
主にテラコッタを使って造形作品を作る加藤さんは、卵や微生物、海の生物など、なぜか生命の始まりを連想させるカタチに惹かれてしまうという。取材中、加藤さんの手の中でみるみるカタチを成していく土の球体も、そう言われるとなんだか正体不明の不思議な生命体のように見えてくる。「一説によると、大昔は土器に革を張って、打楽器にしていたんじゃないかと言われているらしいですよ」といって、できたばかりの土の球体をポンポンと叩く加藤さん。加藤さんにならって、我々もポンポンと叩いてみると、中の空気が振動して、かすかな弾力が指先に伝わってくる…。なんだか生きている土の息づかいを聞いたような気になってしまったのは、加藤さんが我々にかけた魔法のせいだろうか。

web限定のおすすめ情報

●アトリエぱお

造形作家という顔の他に、造形教育研究所の代表、大学の先生、各種のアートコンクールの審査員、あるいは教育学の大学院生と、多彩な顔を持つ加藤さん。なかでも設立から20年近い年月を経た『アトリエぱお』は、「自分が通いたい教室を作った」というだけあって、造形作家としての加藤さんの想いがギュッと凝縮されています。生徒さんたちの思いもよらない発想がぶつかりあい、刺激し合って、加藤さんや現役アーティストのスタッフたちの創作意欲にも火をつけているという『アトリエぱお』。コースラインアップは下記の通りです。

【クラス一覧】
・キッズクラス(年齢別に3クラス有り)
・ユースクラス(中学生〜高校生対象)
・おとなクラス(絵画・陶芸・造形など)
・芸大美大 美術系高校 受験科
*その他、ピアノクラスや英会話クラスなども開催しています。

*『アトリエぱお』の教室は全部で12教室。興味がある方は、HPで最寄りの教室をチェックして、ぜひお問い入場料合わせください!
http://a-pao.com/

お問い合わせ
(tel)082-271-0870(己斐教室)
(fax)082-271-0877(己斐教室)

•「アトリエぱおの仲間たち」展 2013
今年で19回目となる「アトリエぱおの仲間たち」展が下記の日程で開催されます。質・種類・規模それぞれの面で、とっても見応えのある展覧会。たくさんの感動があなたを待っています。お時間のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

(日時)11/13(水)~11/17(日)10:00~19:00
*13日は14時開場、17日は16時閉場となります。
(会場)アステールプラザ市民ギャラリー全室
入場料無料

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。