普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.27表紙

vol.27
2018年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 209
  • から
  • 216

52

ギャラリーオーナー

船本 由利子

(フナモト・ユリコ)

シンプルに気持ちの赴くままに

ririさんこと船本由利子さんに転機が訪れたのは53歳の時。子どもたちが独立したのをきっかけに、デザイナーとして三十余年働いた後、英国へ語学留学の旅に出た。たどり着いた町はカモメが舞う海辺のリゾート地、ブライトン。そこでririさんを待っていたのは、国や年齢を越えた刺激的な出会い。留学中は語学を学ぶかたわら絵を描きため、帰国後、初個展を開こうとするが、貸しギャラリーは思った以上に高額なうえ、かなり先まで予約でいっぱい。それなら「自分で作ってしまおう」ということで、横川にギャラリー兼カフェをオープンしたのが『カモメのばぁばぁ』の始まりだ。
その人生の急展開ぶりに圧倒されるばかりだが、ririさん本人は至って自然体。「ものごとはシンプルに考えればいい。ダメだったらやめればいいんだから…」という息子さんの言葉に背中を押されて、自然な流れの中でギャラリーをオープンさせたそうだ。広島在住のアーティストをはじめ、音楽家やお芝居関係者など、何かを表現したいと思う人が自然と足を運ぶ『カモメのばぁばぁ』。「ギャラリーが狭い分、作品と作家と人が近いんです」とririさんは言うが、表現することの喜びがより身近に感じられるのは、ririさん自身の人柄が大きく影響しているようにも思える。

web限定のおすすめ情報

●Gallery + Cafe 「カモメのばぁばぁ」

英国留学した海辺の町・ブライトンで見たカモメと、ギャラリーの前身が床屋さんだったということでその名がついた『カモメのばぁばぁ』。アートを身近に感じられるとってもステキな空間です。皆さんもぜひririさんと看板犬アトムが待つギャラリーで、気軽にアートな時間を過ごしてみてください。また、ギャラリーに通って、『カモメのばぁばぁ』ファンになったら、ririさんが気ままに綴るブログも必見♥ギャラリーを取り巻く楽しい毎日が手に取るように伝わってきますよ?。アーティストや作品に寄せたririさんのコメントも味わい深くてgoodです♪

広島市西区横川町1ー5ー23
(tel)082ー232ー5074
(営)10:30〜20:00 *展示最終日は17時まで
(休)火曜日

作品を展示したいという方も、気軽にギャラリーにお電話してみてください。
http://kamomenobaabaa.web.fc2.com/

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。