普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.26表紙

vol.26
2018年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 201
  • から
  • 208

59

小春カフェ
オーナー

巣守 昌子

(スモリ・ショウコ)

ちょっとレトロな大人の社交場

広島っこなら、誰もが一度は食べたことのある『甘党たむら』のクリームぜんざい。多くの人に惜しまれながらも、幕を閉じることになった老舗の味を、ひょんなことから引き継いだのが、『小春カフェ』のオーナー 巣守さんだ。もともと『甘党たむら』の大ファンで、学校帰りにクリームぜんざいや安倍川餅を食べながら、何時間も友だちと他愛ないおしゃべりを楽しんだという巣守さん。「毎日のように通っていたあの場所が懐かしくて、今度は私がそんな場所をつくろうと思ったんです」という彼女の言葉どおり、インテリアから食器にいたるまで、『小春カフェ』のモノたちはどこか懐かしい空気を纏っている。
一方、店内のお客さまを見渡すと、『甘党たむら』の大ファンだったという年配のご婦人や、カフェ巡りにやって来た若い女性客が、それぞれおしゃべりに花を咲かせている。いにしえの女の子たちと、いまどきの女の子たちが入り交じって、クリームぜんざいをつつく姿は、なんだかとっても可愛らしい。“純喫茶”に代表される、ちょっとレトロな喫茶文化に愛着を感じるという巣守さん。そんな彼女がプロデュースするからこそ、『小春カフェ』では幅広い世代が違和感なくくつろげるのだろう。

web限定のおすすめ情報

●小春カフェ
昭和レトロな店構えが乙女心をくすぐる、『小春カフェ』。実際に『甘党たむら』で使っていた機械を譲り受け、復活させた懐かしの味 クリームぜんざいは、乳脂肪分を一切含まないヘルシースイーツ♡ 3時間かけて煮込まれるハヤシライスも人気のメニューです。季節やオーナーの気分に応じて、今後もサプライズなメニューが登場しそうな予感…。ぜひ、足しげく通ってみてください。

広島市中区榎町11-1 石田ビル1F
(tel)082-942-5861
(営)11:30~19:00
(休)不定休

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。