普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.26表紙

vol.26
2018年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 201
  • から
  • 208

68

コスプレ・イベンター

カワサキ マミ

コスプレ文化を広島から世界へ!

コスプレイヤーであり、イベンターでもあるカワサキさんと話していると、「オタクの影響力は計り知れないなぁ」とつくづく感心してしまう。彼女らが運営する団体、『コスカレード』は、サブカルチャーで広島を盛り上げることを目指しており、コスプレイヤーだけが楽しむのではなく、見る人にも満足してもらえるようなサブカルチャーイベントの運営を目標としている。だから開催地もあえて公共性の高いポイントを選び、コスプレ文化が社会とふれあえるような機会を演出しているのだという。
「コスプレをきわめようとすると、デジタルに精通した人やイラストが上手い人、デザインができる人など、結果的にさまざまなクリエイターが育ってきます。萌え米*1や聖地巡礼ビジネス*2などの地域活性化の成功ケースには、そうしたクリエイターたちの力が発揮されているんですよ」。そう語るカワサキさんも、実は萌えビジネスの仕掛人の一人。萌えキャラのパッケージで話題となった後藤製菓の『もみまん。』には、カワサキさんのイラストが使われている。ゆくゆくは海外にもコスプレ文化を発信したいというカワサキさん。コスプレというコミュニケーションツールの可能性はまだまだ広がっていきそうだ。
*1 萌え米:JAが『あきたこまち』のパッケージに美少女キャラを採用して大ヒットしたのを皮切りに、各地でさまざまな萌え米が誕生している。
*2 聖地巡礼ビジネス:アニメの舞台を観光資源にして、地域観光の活性化をはかるビジネス。広島では『たまゆら』の舞台となった竹原市などが有名。

web限定のおすすめ情報

●コスカレード
カワサキさんたちが運営するコスカレードでは、コスプレをする人だけでなく、どなたにでも幅広く、コスプレ&アニメ&マンガを楽しんでいただくためのジャパンポップカルチャーイベントを広島で開催しています。団体の代表者である河口さんは、なんと60歳を過ぎてコスプレに目覚めたコスプレ仙人!ネット上でも全国から熱い視線を注がれているそうですよ(興味のある方は「亀仙人」「広島」で、ぜひ検索してみてください)。「私もコスプレデビューしたい!」「河口さんに会ってみたい!」という方は、ぜひ下記のコスカレードのサイトでイベントをチェックしてみてください。なおコスプレを楽しむ際は、著作権への配慮やマナーを守ることも大切。わからないことがあったら、サイトを通じてお問い合わせしてみてください。
(コスカレードHP)http://cosquerade.jp

 

●イベントのお知らせ
2014年5月25日
コスカレード in 広島市森林公園2
*詳しい内容はコスカレードのサイトでチェック!

その他、『もみまん』へのお問い合わせは、以下のサイトでどうぞ!
(後藤製菓HP)http://goto.momiman.com

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。