普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.25表紙

vol.25
2018年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 193
  • から
  • 200

72

二胡音楽院
院長・二胡奏者

姜 暁艶

(ジャン・ショウイェン)

慈しみの心、世界に響け

楊貴妃をイメージしたきらびやかな衣装に、会場の隅々にまで響き渡る哀愁を帯びた二胡の音色…。広島を拠点に全国で活躍する二胡奏者の姜さんのステージは聴いて癒やされるのはもちろんだが、日常の疲れやストレスを吹き飛ばしてくれるような、華やかで夢見心地な時間を私たちに届けてくれる。おそらくパフォーマーとしての姜さんから、そうした力が発揮されるのだろう。聴く人・見る人の心を元気にしてくれるステージはとても魅力的だ。
幼い頃は女優を目指し、中国の芸術学校で現代京劇をはじめ、二胡や柳琴などの民族楽器を習得。その後、両親の願いを受け入れて医学の道に進むものの、客員研究員としてやってきた広島で、再び二胡の演奏活動を行うことになった。当時は慣れない異国の土地で、それも命と向き合う医学の世界で、大きなストレスを抱えていたという姜さん。彼女が奏でる二胡の音色は、そんな苦労を体験したからこそ、いっそう癒しの効果を発揮するのかもしれない。「私は音楽でみんながハッピーになれたらいいなと思っているんです。音楽を通じて、女性たちが仕事のストレスや恋の悩み、家庭の悩みを分かち合い、心が元気になれば、本来の女らしさやしなやかさを取り戻し、軽やかに生きていけるはず」と語る姜さん。彼女のパフォーマーとしての力は、彼女が持つ自然体の「女子力」なのかもしれない。

web限定のおすすめ情報

●姜暁艶さんプロフィール
1997年来日。「いのちの尊さと平和」、「慈しみの心 世界に響け」をテーマに、日本全国で二胡の演奏活動を展開している。また、TV・ラジオ・雑誌など、多くのメディアにトーク&二胡の生演奏で出演している他、広島原爆記念日には、広島代表としてNYでの原爆記念平和式典に出演。作曲、歌手、舞台監督など、総合プロデューサーやファッションデザイナーとして、幅広いジャンルで活躍している。彼女が院長をつとめる『二胡音楽学院』には100名を超える生徒が在籍。毎年恒例の定期演奏会では、全生徒が舞台に立ち、観客と一体になった楽しいステージを披露している。

 

●姜暁艶 二胡音楽院
広島市中区幟町10-16-2F
(tel)082-222-8449
(fax)082-222-8450
(営)9:00~18:00
(休)水曜
(E-mail)nikoongakuin@niko-jiang.com
(HP)http://www.niko-jiang.com

・レッスン内容の詳細はHPでチェックしてみてください。気軽に参加できる30分1,000円の体験レッスンもありますよ!

 

●姜暁艶 コンサートのお知らせ
2014年5月4日
京都国立博物館から~慈しみの佛心~世界へ響け!
姜 暁艶 二胡コンサート

京都国立博物館での『南山城の古寺巡礼』展開催を記念して、姜さんの二胡コンサートが行われます。GWのお出かけにあわせて、京都で癒しの二胡の音色にふれてみてはいかがでしょう。

●CDのご案内
姜さんのCDはamazonはもちろん、二胡音楽学院のサイトでも視聴&購入できます。

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡早百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。