普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.29表紙

vol.29
2019年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 225
  • から
  • 232

79

プロ・バスケットボーラー

岡崎 修司

(オカザキ・シュウジ)

広島に、バスケでつながる風景を

「子どもたちにプロの試合を見せてあげられる、それが一番の喜びです!」 そう語るのは広島に誕生した初のプロ・バスケットボールチーム、「広島ドラゴンフライズ」の岡崎修司さんだ。大きくなったら、「野球選手になりたい」「サッカー選手になりたい」という子どもは大勢いるものの、将来の職業としてバスケットボール選手を目指す子はまだまだ少ない。それはすなわち、バスケのプロ・リーグというものが、十分に認知されていないということでもある。ましてや、プロ・チームを持たない地域では、プロの試合を見る機会も限られ、アスリートの躍動する姿や試合の興奮を身近に感じることもぐっと少なくなってくる。“やっと広島でプロの試合を見せてあげられる”という岡崎さんの言葉からは、広島のバスケットボール関連者がこれまで味わってきたもどかしさがひしひしと伝わってくる。
全国から見れば、残念ながら広島のバスケはまだ発展途上にある。地元でプレイしてきた岡崎選手自身も力不足を自認しているが、バスケを根付かせるにはやはり地元のヒーローが必要だ。広島の子どもたちに夢をプレゼントするアスリートのひとりとして、岡崎さんにはぜひとも活躍してほしい。

web限定のおすすめ情報

●テイクオフ・パートナー募集中!
「ミスター・バスケットボール」と呼ばれた名選手、佐古賢一氏をヘッドコーチに迎え、今秋いよいよNBLに参加する広島ドラゴンフライズ。待望のプロによるバスケの試合をこの広島でナマで見ることができます。すでにチケットの販売も開始されており、個人会員「テイクオフ・パートナー」になると、会員価格でチケットがゲットできます。詳しいことはドラゴンフライズのホームページでチェックしてみてください!

 

・広島ドラゴンフライズ
(HP)http://hiroshimadragonflies.com

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡早百合 / 文:寿山恵子

問いかける審美眼

植物屋「叢 - Qusamura」 店主

小田 康平

そもそも「叢(くさむら)」という名前が興味深い。しかもアルファベットで書くと、Qusamuraだ。「どういう意味?」と疑問(Question)を抱いた時点で、私たちは「叢」の店主・小田さんのトラッ...(続きを読む)

青春の旅は終わらない…

ハーレーダビッドソン バルコム広島 店長

吉田 乗

—ハーレーと一緒に旅したことは、将来きっと君の財産になるよ— そんな言葉に背中を押されて、吉田さんがハーレーダビッドソンによるアメリカ横断の旅に出たのは今から14年前。彼が大学4年の時のことである。...(続きを読む)

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。