普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.27表紙

vol.27
2018年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 209
  • から
  • 216

82

廣島蝶鮫
代表

藤本 一義

(フジモト・カズヨシ)

ここは湯のまち、チョウザメの里

チョウザメの養殖と聞けば、キャビアの生産と考えるのがふつうだ。実際、全国に30ほどあるチョウザメ養殖業者もほとんどがキャビア生産を目的としているそうだ。そんな中、湯来町でチョウザメ肉の生産をメインとする藤本さんは異端児的存在と言ってもよいだろう。
「最初は趣味で飼育していたんですが、ある日食べてみたら、これがびっくりするほど美味しかったんです。もともと西洋ではチョウザメは高級食材のひとつ。それなら食用としてもいけるんじゃないかと思ったんです」
しかし、前例がない中でのチョウザメ養殖は平坦な道ではなかった。10年余の間、失敗と試行錯誤を繰り返し、ようやく安定してきたのはここ最近のことだという。また、市場の感触をつかむために、イベントがあると聞けば、みずから店頭販売の現場に立ち、お客さんの声にも耳を傾けた。
「生産者としてのこだわりならいくらでもある。でも、こだわりと独りよがりは紙一重でもあります。独りよがりにならないためには、お客さんの声を聞くことが大切なんです」と語る藤本さん。
「地方創成」の機運が高まる中、地方の元気を象徴する「ふるさとブランド」が数多く誕生しているが、藤本さんのような生産者がいることはとても頼もしいことである。

web限定のおすすめ情報

湯来の新しい名物、湯けむりチョウザメ!
「クセのない魚なので、食べやすく調理しやすいのが特徴です。特に薫製にすると、薫製のための魚じゃないかと思うほど、抜群の美味しさなんですよ」と生産者の藤本さんが絶賛するほど、料理によっていろんな美味しさが楽しめる魚です。  まだ、食べたことのない方は、ぜひぜひ現地でチョウザメの美味しさに触れてみてください。

 

●青空館
養殖場に隣接するレストラン「青空館」では、水とエサにこだわったチョウザメのコース料理が楽しめます。国内産ならではのフレッシュな生キャビアも食べられますよ~♡

お刺身・煮付け・天ぷらなどが楽しめる人気のチョウザメランチ、1,000円(税別)
*青空館ではお料理の他に、薫製やひれ酒、生キャビアといったチョウザメの珍味も販売しています。

 

●チョウザメパーク
観賞魚としても人気のチョウザメ。敷地内の「チョウザメパーク」では、世界に生息するさまざまな種類のチョウザメを見ることができます。自然の中ですくすく育つチョウザメたちに会いに行こう!

 

●廣島蝶鮫
広島市佐伯区湯来町大字多田214
(tel)0829-85-0257
(fax)0829-85-0260
(営)10:00~17:00
(休)火曜日
*送迎サービスも行っているそうです。ご希望される方は問い合わせてみてください。(6~9名様OK!)

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。