普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.27表紙

vol.27
2018年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 209
  • から
  • 216

99

ホビールーム主宰

西 恒太
西 恒一郎

(ニシ・ツネタ/ニシ・コウイチロウ)

心を豊かにする、ホビーの世界

英語の「hobby」の意味を尋ねると、たいていの人は「趣味」と答えるだろう。だが、日本人が考える「趣味」と欧米人が考える「hobby」にはかなりの違いがある。日本では「趣味」というと、遊びや暇つぶしのひとつに考えられがちだが、欧米における「hobby」はその人物の奥深さを評価する重要な要素のひとつと考えられている。だから、「hobby」の奥深さにはまるということは、内面の豊かさを構築する喜びを知ることと同じなのかもしれない。
西区古江にあるホビールームは、そんな「hobby」本来の面白さを伝える貴重なお店と言ってよいだろう。ご主人と息子さんが手がけるレザークラフトをはじめ、奥様が指導するデコパージュやトールペイント、さらにはクラシックカメラやコスチュームジュエリーといったアンティークなど、知れば知るほど、奥深い「hobby」の世界がお店いっぱいに広がっている。ビジネス以前に、実際に自分たちが体験してみて、「これは面白い!」と思ったものだけを紹介しようと決めている西さん一家。特にデコパージュは大手企業が日本に紹介する以前から、これは面白そうだと思って、早い段階から紹介していたという。本当の意味で「hobby」の伝道者であり、それが西さん一家の誇りなのだ。

web限定のおすすめ情報

●ホビールーム
春になると、満開の木香バラが出迎えてくれる西区古江のホビールーム。フェイスブックにはレザー&アンティークのお店と紹介されていますが、お話をおうかがいすると、レザーやアンティークだけではおさまらない、奥深?いホビーの世界に触れることができました。取材中は印刷黎明期の活版(ちなみに恒太さんはこの活版を用いてレザーに刻印を施していました)やヴィクトリア朝のアンティーク・ボタン、400台にもおよぶクラシックカメラのコレクションなど、さまざまなお宝を拝見! ちょっとしたミュージアム気分でした。

 

●教室のお知らせ
ホビールームではレザークラフト、トールペイント、チャイナペインティング、デコパージュ、エッグアートなどの教室も開催しています。ちょっとかじってみたい人から、プロ(講師)を目指したい人まで、皆さんの目的に応じた指導もできるそうです。また、Webを活用した個人輸入のお手伝いも受け付け中。海外のアンティークなどを買い付けたいという方はぜひご参加ください。詳しいことは下記HPもしくはFBにアクセスの上、お問い合わせください。

 

広島市西区古江新町14-28
(tel)082-271-3978
(fax)082-271-3980
(営)月~金/9:30~17:30
(休)土・日・祝(土・日・祝も事前連絡で対応可)
(HP)http://www.ccv.ne.jp/home/hobbyroom/
(FB)ホビールームで検索

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。