普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.27表紙

vol.27
2018年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 209
  • から
  • 216

111

「ワークチャレンジ365」
サービス管理責任者

森本 啓介

(モリモト・ケイスケ)

ハンディを受入れ、日々よく生きるを実践中!

森本さんが福祉の世界に足を踏み入れたのは10年以上も前のこと。たまたま作業所の送迎ボランティアを行っていたのが縁で、福祉施設の職員として働き始め、いくつかの作業所の立ち上げ等を経験してきた。その森本さんが責任者のひとりとなって、このたびオープンした作業所が「ワークチャレンジ365」。なんと一般の企業と障がい者が通う作業所が同居するという、これまでにない新しいカタチの福祉施設が誕生することになった。
「ノーマライゼーションという考え方においては、これもひとつの選択肢かな…」という森本さん。現在、作業施設ではLEDの光を利用して、野菜を栽培・出荷しているが、“植物を育てる”という変化のある作業が、利用者にもよい影響を与えるのではないかと、施設関係者は期待している。だが、もっと興味深いのは同居する一般企業の人々の反応だ。まるでお年寄りが乗車してきたのを見て、ゆずりあいの席を譲るべきかどうかを悩んでいる人…のような戸惑いが感じられる。ハンディを抱える人も、健常者も、「日々よく生きる」ということに関しては同じだという森本さん。“障がい”というハードルに構えているのは、当事者よりも、むしろ健常者の方なのかもしれない。

web限定のおすすめ情報

「ワークチャレンジ365」が属する就労継続支援B型事業所とは、障がい者に生産活動などの機会の提供、あるいは知識および能力の向上のために必要な訓練などを行う施設のことをいいます。ここで就労に必要な知識や能力が高まった方は、次のステップの就労施設や一般就労へと進むことになります。作業所と企業の同居というスタイルはこれまでに例をみないものでもありますが、最終目標とする一般企業での就労を身近に感じながら、訓練が行えるということでもあります。ハンディを抱える方の選択肢のひとつとして、こういう働き方があることを、森本さんたちスタッフは認知してほしいと願っています。

 

●就労継続支援B型事業所 ワークチャレンジ365
(広島市指定事業所番号3410210268)
広島市中区舟入中町7-1 藤和舟入中町ハイタウン1F
(tel)082-503-7722
(fax)082-295-1100
(サービス提供時間)
月~金 10:00~15:00*祝祭日・年末年始除く
(主な生産作業)
野菜の生産・梱包 建築物等の清掃・管理

*現在、ワークチャレンジ365で栽培される無農薬レタスは市内のパン屋さんやレストラン等に購入していただいています。安定栽培でクセのない味が大好評!「ウチでも購入してみたい」という方はお気軽にお問い合わせください。

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明: / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。