普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.25表紙

vol.25
2018年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 193
  • から
  • 200

131

心体育道 創始者

廣原 誠

(ヒロハラ・マコト)

負けないためのこころと身体を養う

 

fs131_sub01「心体育道」の創始者である廣原先生は、かつて芦原会館空手道の指導者として、ロサンゼルス支部を開設するなど、世界を股にかけて活躍されてきた。その間、数多くの試合にも出場し、“どうしたら勝てるのか” という自分の中の問いかけと向き合ううち、たどり着いた技の集大成が「心体育道」だという。

「勝利を追求していく過程の中で、自分の動きから徹底的に隙を排除していった結果、いつのまにか技が大きく変化し、試合では使うことが許されない“負けないための技” ができ上がりました」と語る廣原先生。負けないための技、すなわち究極の“護身術” が「心体育道」の柱となる教えなのだ。

だが、「心体育道」の教えはそれだけでは終わらない。“護身術” をオモテの教えとするなら、ウラの教えである“健康術” も、この武術の重要な柱である。そもそも左右両方の動きを均等化する武術の型は“自分で行う整体術” とも言われ、病気に負けない身体をつくるのに大いに役立つ。そのうえ、「心体育道」では血行を促すヨガの呼吸法や体位法なども取り入れているので、日々の鍛錬を通じて、毎日を健康的に過ごす術を学ぶことができる。そのため、教室に参加される生徒さんの中には、健康増進を目的とされるお年寄りやシェイプアップに励む女性も少なくないそうだ。誰もが気軽に楽しめる生涯スポーツとしての側面も併せ持つ「心体育道」。広島発祥の護身術として、みんなでもっと盛り上げていきたいものだ。

web限定のおすすめ情報

芦原会館…いわゆるサバキ系空手の世界では、その強さと共に広く名前が知られている廣原先生。その先生がロサンゼルスから広島に戻ってきて立ち上げたのが「心体育道」です。「心体育道」の練習は西式ヨガの健康法を取り入れた準備運動に始まり、十二式と呼ばれるステップの練習や基本技を交えた練習を経て、本番の約束組手へと移っていきます。もちろん組手はすべて寸止めなので安心!取材当日は中学生たちも大人のお弟子さんたちに混じって、練習を行っていました。組手の他にも、杖を使った杖術(じょうじゅつ)などの護身術も教えているそうですよ。

 

心体育道 直轄道場
広島市南区宇品4-3-23
(tel)082-256-1788
・一般クラス/水曜 19:30~21:00、日曜 16:00~17:30
・ファミリークラス/日曜 14:00~15:15
・空手キッズ/月曜 17:30~18:45
(HP)http://www.shintaiikudo.jp
直轄道場の他に、ちゅーピーカレッジ クレドビルにおいても、杖術と護身術のクラスを開講中!
*毎年10 月には宇品電車通り沿いにある「神田神社」や仁保の「邇保姫神社」で奉納演武も行っているそうです!

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。