普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.25表紙

vol.25
2018年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 193
  • から
  • 200

151

キッズ ボクサー

大江田 羽響
平本 龍真

(オオエダ・ウキョウ
ヒラモト・タツマ)

心も身体も逞しく!小さなファイターたちの挑戦

fs151_sub01会長の江木大輔さんを含む、プロボクサー4人が指導するキックボクシングジム、TRASH。

最近は、女性のあいだでボクササイズが人気ということもあり、同ジムに通う人の目的もさまざま。本気でキックボクシングをやりたい人から、ダイエットやフィットネス、護身として習う人もいる。もちろん、年齢層もバラバラ。広島随一の広さを誇るジムでは、いろんな人が、いろんな目的で、リングの上で汗を流している。

そんな中で、ことさら目を引くのが、真剣な眼差しでスパーリングに挑むキッズボクサーたちだ。

実はTRASHでは、キッズボクサーたちにも目的に応じた指導をしており、試合に出る子には格闘技のありのままの世界を、そうでない子にはスポーツとして楽しむ指導をしている。そして、小学4年生の大江田くんと中学1年生の平本くんが選んだのは、前者の道。子どもながらも、ファイターの道を選んだ彼らに対して、江木さんたちも遠慮ない言葉で、厳しく指導する。「泣きながらスパーリングするなんて日常茶飯事!プロとして、戦う心構えを彼らに教えているつもりです。また、みんなのお手本となるように、挨拶や目上に対する礼儀も徹底しています」と語る江木会長。

fs151_sub02キッズ2人に「目標は?」と聞くと、大江田くんは、「次の試合で勝ってAクラスに昇級すること」。ボクシングを始めて5ヶ月が過ぎたばかりの平本くんは、早くも「先生のようなチャンピオンになりたい」という夢を語ってくれた。

ジムでの練習は単に彼らの身体を鍛えるだけでなく、小さなボクサーたちのメンタルも鍛えているのだ。

web限定のおすすめ情報

取材でジムを訪れて、まずびっくりしたのは、子どもたちの多さ!「キックボクシングを習う子どもって、けっこういるんだな…」とびっくりしました。

全身運動となるキックボクシングは、シェイプアップとして女性のあいだでも人気が高まっているようですが、実は子どもの運動神経を養うのにも最適。キックなどの動きにより、すべての運動の基本となる下半身の動きが鍛えられるそうです。また、下半身の動きは、脳の発達にも深く関係しているのだとか。ジム内での礼儀指導も含めて、成長期の子どもたちが心身を鍛えるのにはピッタリです。

ちなみに本文中でも紹介しましたが、TRASHでは習い事のひとつとして学ぶコースと、試合にも参加するキッズボクサーを目指すコースの2つを用意しているとのこと。

子どもたちの習い事を検討中のお母さん!キックボクシングも選択肢に入れてみてはどうでしょう?シェイプアップも兼ねて、親子で挑戦なんてのもいいかも!

 

 キックボクシングジム TRASH

広島市西区天満町6-12 岩崎ビル2F

(tel)082-942-5144

(HP)http://trash-hiroshima.jp

 

1日体験も随時受け付け中!

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。