普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.22表紙

vol.22
2017年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 169
  • から
  • 176

161

花時計オーナー

梅田 真由美

(ウメダ・マユミ)

世界にひとつしかない“カワイイ”を求めて

fs161_sub01ドアを開けると、目に飛び込んできたのは、色鮮やかな花と可愛らしいグッズに彩られた華やかな空間。この2月、南区京橋町にオープンしたばかりの「花時計」は、アーティフィシャルフラワー・アーティストであり、クラフトジュエリーなどの制作も手がける梅田さんが主宰するお花と手づくりを楽しむアトリエ兼ショップ。世界にひとつしかない可愛いグッズが並ぶ、宝石箱をひっくり返したような場所だ。
「編み物講師をしていた母に影響されて、私も小さな頃からものづくりに親しんでいました。最初は大好きなお花を思い出と共に長く楽しみたいという思いから、フラワーアレンジメントを手がけるようになったのですが、ひとつ学ぶと自然といろんなものに興味が広がっていったんです。それからお花を残すという思いが強くなり、プリザーブドフラワーからはじまって、ソリッドフラワー、プレスドフラワー、モードジュエリー…etc.と、結果的にいろんなスキルを身につけるようになったんです」…とご自身が語る通り、さまざまな資格を所有する梅田さん。それらの中には「広島では梅田さんだけ」というものもあり、資格の分だけ、梅田さんの表現力の幅広さが推し量られる。実際、その表現力とスキルの高さをかわれ、デザイナー桂由美パリコレクションブライダルショーの会場装花やブーケ制作を手がけたこともあるそうだ。
fs161_sub02「女性は子育てを卒業した時、何を生活の中心に据えてよいかわからなくなる時があります。そんな時、趣味の手仕事があると毎日がとても華やぎます」と語る梅田さん。宝石箱の中身を広げたような彼女のお店には、「暮らしを喜びで彩りたい」という女性の願いが詰まっているのかもしれない。

web限定のおすすめ情報

これまでは広瀬町のアトリエ兼事務所で「花時計」の活動していた梅田さんですが、このたびご縁があり、京橋町に新店舗をオープンされました!

「花時計」では結婚式後のブーケ加工やプレゼントとして大変喜ばれる「ソリッドフラワー」「プレスドフラワー」「ボトルフラワー」「プリザーブドフラワー」などの制作・販売・教室を行っています。他にもモードジュエリーやリボンクラフトといった心ときめくハンドメイドがいっぱい!

ちなみに今、梅田さんがイチオシしているクラフトは「ジェムチェミー」。自分のワンちゃん・ネコちゃんをモデルに、簡単にバックチャームやアクセントシールが作れるそうです。

難しいクラフトだけでなく、簡単にトライできることから作る楽しさを知って、生活に生かしてほしいという梅田さん。皆さんも「花時計」で作る楽しさに触れてみませんか。

 

●花時計

広島市南区京橋町8-10

(営)10:30~19:00

(休)水曜

(tel)082-236-8735

(HP)http://www.hanadokei-h.jp/index.html

 

●イベントのお知らせ

5月8日(月)・9日(火)

場所:広島福屋駅前店4F

「母の日のプリザーブドフラワー講習会」

トレンドのデニムを使ったキュートなアレンジ♡お楽しみに!

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡小百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。