普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.23表紙

vol.23
2017年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 177
  • から
  • 184

162

広島鯉城クラブ キャプテン

岩﨑 雄也

(イワサキ・ユウヤ)

可能性がゼロになるまで夢をあきらめない!

開幕から熱戦が続くプロ野球。昨年に続き、我らがカープは熱い盛り上がりを見せている。一方、社会人リーグでも今年の全国大会を目指して、各チームが熱い思いを胸にスタートを切ったところだ。
社会人野球と聞いて、私たちがまず思いつくのは企業チームの存在だが、実はその他にも地域密着型のクラブチームがあることをどれだけの人が知っているだろうか?
今回取材した岩﨑さんもそんなクラブチームの一員。大学時代から鯉城クラブに所属していたものの、大学卒業後は四国の独立リーグに入団。プロリーグでピッチャーとして活躍していた。しかし、ケガのため自由契約となり、野球への気持ちが切れかけていたのだが、そんな時古巣の仲間が声をかけてくれ、もう一度マウンドに立つ決心がついたそうだ。
「広島鯉城クラブそのものは歴史あるチームだったのですが、僕が四国から帰ってきた時、メンバーは12人しかいませんでした。そこから仲間と一緒にメンバーを集め、チームの立て直しをはかってきたんです。今ではメンバーも25人に増え、みんなで“目指せ、全国大会!”を合言葉に、日々練習に励んでいます」と笑顔で語る岩﨑さん。
取材当日の試合では、土壇場での追い上げもむなしく敗退してしまったが、この悔しさは必ず次戦で晴らしてくれるだろう。もう一度マウンドに戻ってきたからには、「可能性がゼロパーセントになるまでプロを目指したい」という岩﨑さん。プロ野球だけでなく、熱い思いを秘めた社会人たちの戦いにもぜひ注目して欲しい。

fs162_sub01

web限定のおすすめ情報

かつてシニア部門には、日本ハムで活躍する中田翔選手も所属していたという鯉城クラブ。広島では歴史ある名門クラブチームのひとつです。

企業チームと違って、クラブチームは練習時間や練習場所を確保するのも大変! それでも野球を愛する仲間が集まって、全国大会が開催される西武ドームを目指しています。

プロ野球とは一味違う熱い野球の世界を見てみたいという方は、ぜひ一度試合会場まで足を運んでみてください。もちろん選手としての入団も大歓迎です!

 

社会人リーグの大会情報は

●公益財団法人 日本野球連盟 (JABA)

(HP)http://www.jaba.or.jp/

 

広島鯉城クラブへの問い合わせは

●広島鯉城クラブ

(tel)090-1331-7005(部長:戸野幸子まで)

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。