普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.23表紙

vol.23
2017年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 177
  • から
  • 184

172

プロ・ウェイクボーダー

佐々木 裕子

(ササキ・ユウコ)

瀬戸内海のある広島を
ウェイクボードの聖地に!

fs172_sub01「実はウェイクボードって、瀬戸内海ならではのウォーター・スポーツなんですよ」と語るのは、5年前にプロ資格を取得して、ウェイクボーダーとして活躍する佐々木さんだ。

プロといっても、ウェイクボードは、日本ではまだまだマイナーなスポーツ。そのため、プロ活動だけで生活していくのは正直難しい。プロ・ボーダーの多くは他に仕事をしながら、時間をやりくりしてプロ活動を行っているという。かくいう佐々木さんもウィークデーは専門学校の講師として、エステティシャンの卵たちを指導しているそうだ。

…で、冒頭の佐々木さんの言葉に戻るが、実は広島はウェイクボードにはぴったりの環境!ボートの引き波を利用して行う“水上版スノーボード”のようなウェイクボードは、波の影響を受けないように、川や湖で楽しむのが主流。ところが波の穏やかな瀬戸内海は、海でも存分にウェイクボードを楽しむことができるという。波が高くない瀬戸内海は、ウェイクボードには好都合!佐々木さんをはじめとする愛好者たちは、この好環境を利用して、より多くの人とウェイクボードの楽しさを分かち合いたい…と願っているそうだ。

fs172_sub02「ウェイクボードはボート無しではできないスポーツなので、波に乗っているあいだは1人だけど、みんなが力を貸してくれているような気がするんです。トリック*を成功させると、仲間たちの歓声が船上であがり、一緒に興奮してくれたり喜んだりしてくれるのですが、その瞬間は言葉にできないほどの高揚感で胸がいっぱいになりますよ」と、そんな風にウェイクボードの魅力を語る佐々木さん。今後もプロ活動を通して、より多くの人たちにウェイクボードの魅力を伝えていきたいそうだ。

*ウェイクボードの技のことを“トリック”と呼ぶそうです。

web限定のおすすめ情報

現在はお仕事をしながら、週1~2回くらいのペースでウェイクボードの練習をされているという佐々木さん。活動の拠点とされているウェイクボードのショップ、「BOARDERS SPOT VAGUE」には幅広い層の愛好者が集うので、スポーツを介していろんな方との交流が楽しめるそうです。なかには家族でウェイクボードを楽しむ方がいたり、中学生ながらも見事なトリックを披露してくれるスーパーキッズがいたりと、年齢層はさまざま。幅広い層の人たちと一緒に楽しめるところが、このスポーツの1番の魅力だそうです。

また、道具を揃えたり、ボートを借りたりするので、お金がかかると思われがちですが、詳しく聞いてみると、意外にリーズナブル。気になる方はぜひぜひ、「BOARDERS SPOT VAGUE」までお問い合わせください。

 

●BOARDERS SPOT VAGUE

廿日市市大野2-11-9

(営)日の出~日没まで

(休)不定休

(tel)090-2808-4314(担当直通:中村)

※まずは体験からでも大歓迎! 気になる方はお問い合わせくださいとのことです。

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡小百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。