普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.23表紙

vol.23
2017年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 177
  • から
  • 184

174

カジュアルステンドグラス作家

向田 智美

(ムカイダ・トモミ)

ステンドグラスのある暮らし

fs174_sub01ステンドグラスと聞くと、教会の窓に嵌められた荘厳な作品が思い浮かぶが、向田さんが営む教室&ショップを訪れると、その印象は一変してしまう。ステンドグラスって、こんなにもカジュアルでかわいいアイテムだったんだ…と。

向田さんがステンドグラスと出会ったのは結婚前のこと。スペイン旅行で見かけたステンドグラスが忘れられなくて、自身の結婚式の引き出物に手作りのステンドグラス(フォトフレーム)を贈りたいと、教室に通い始めたそうだ。

「ステンドグラスはガラスですから色褪せることがないんです。だから、結婚式やアニバーサリーの贈り物には最適。でも、当時通っていた教室は昔ながらのステンドグラスを作っていて、ちょっと私にはしっくりこなかったんですね。そこで自分が作りたいものを作ろうと、教室とショップを兼ねた、T-glassをオープンしたんです」。

そう話す向田さんの言葉を聞きながら店内を見まわすと、そこに飾られている作品は、どれも気軽に飾ったり、愛着をもって使えるものばかり。自然と暮らしに溶け込むカジュアルさが何とも心地よく、鮮やかなステンドグラスを通して、ハンドメイドのぬくもりが空間全体をやさしく包み込んでいるようにも感じられる。そんな手仕事の喜びがいっぱい詰まった向田さんのお店にいると、「ステンドグラスを手作りしたい」というお客さまが、ここに自然と集まってくるのも何となく頷ける。

fs174_sub02出来上がってからも、作っている時の気持ちがそのままよみがえる手作りステンドグラスは、世界にひとつだけの大切な宝物…。皆さんも向田さんと一緒に、楽しくおしゃべりしながら、ハンドメイドの魅力に触れてみてはどうだろう?

web限定のおすすめ情報

色とりどりのステンドグラスがところ狭しと並ぶ「T-glass」。扉を開ける前から、「カワイイ!」と期待感に胸弾ませていた取材陣は、お店に一歩足を踏み込んだ瞬間、ノックアウトされちゃいました。

ステンドグラスがこんなにもカジュアルでぬくもりに溢れていることにびっくり! しかも、自分で世界にひとつだけの作品が作れることに興味津々! 「不器用な人でも大丈夫かな?」と心配するスタッフに、向田さんは「大丈夫!」と太鼓判を押してくれました。

好みのステンドグラスを自分で手作りできるのも魅力ですが、みんなで楽しくおしゃべりしながら、ストレス発散できるのも教室の大きな魅力だという向田さん。皆さんも手八丁口八丁でステンドグラス作りに挑戦してみませんか?

 

●T-glass

広島市中区鶴見町13-17

(営)10:30〜16:00(レッスンは別)

(休)日・月・祝

(tel)082-247-7765(お問い合わせはお電話のみ)

(HP)http://t-glass.net

ショップには手仕事のぬくもりを感じるブランドの服飾雑貨や広島の手づくり作家さんたちのステキな手づくり雑貨もいっぱい! ぜひ、一度足を伸ばしてみてください。

※随時体験レッスン(大人向け)を企画しています。詳細が決まりしだい、HPでお知らせします。

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡小百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。