普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.22表紙

vol.22
2017年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 169
  • から
  • 176

175

接心庵 利 店主

小田 利明

(オダ・トシアキ)

人生の敵はマンネリ!
毎日が新鮮さまです

fs175_sub01トシさんこと小田利明さんが起業したのは今から22年前の30歳の時のこと。「人が好き」という理由だけで、トップ営業マンとして活躍していたキャリアをあっさり捨てて、お客さまとの出会いがある飲食店をオープンしたそうだ。しかし、脱サラ・未経験者によるお店が3年以内に閉店する可能性は90%と言われる厳しい世界。そんな中、トシさんは着々と店舗を増やし、外食チェーン・永遠希グループを形成するに至った。夢を叶える秘訣は?と、トシさんに尋ねると、「すべてが上手くいったわけではないんですよ。いい時もあるし、悪い時もある。ただ、自分の場合、諦めずに続けてきたからこそ、今日があると思っています」とのこと。

聞けば1号店をオープンしてからの数ヶ月間はまったく採算がとれず、危機的状況に陥ったこともあったそうだ。トシさんは「どうやったら人に話を聞いてもらえるんだろう?」と考えていた営業マン時代のことを思い出しながら、お店周辺の会社にチラシを配ったり、試食用の料理を無料で提供するなど、地道な努力を辛抱強く続けていたそうだ。また、店が軌道に乗ってからも、日々の仕事に慣れきってしまったら、お客さまに感動を与えることができないと、「新鮮さまです」という言葉と共に、新しい毎日に感謝の気持ちを捧げ、日々初心に戻って接客に臨んでいるという。

fs175_sub02そんなトシさんが50代を迎えてオープンした「接心庵 利」は、トシさんの接客人生の集大成とも言えるお店。お客さま一人ひとりに目が行き届くように、あえてこじんまりした空間にし、落ち着いた雰囲気の中、美味しい料理をじっくり味わえるようにしている。ちょっと疲れた時こそ、人は旨い料理とお酒が恋しくなるのかも…。人生経験を積んだ店主のさりげない気配りに癒され、明日の元気をもらうのも悪くない。

web限定のおすすめ情報

夢と感動を与える接客をモットーに、日本一をめざす永遠希グループ。かつて「居酒屋甲子園」の決勝ラウンドにノミネートされたこともあるという同グループは、現在、広島市内に5店舗を構える、人気の外食チェーンです。

グループの最新店舗、「接心庵 利」は、創業者の小田利明さんが50歳を迎えて辿り着いた、理想のお店。これまでの店舗の経営はたくましく成長を遂げた部下たちに任せ、トシさんは新しいお店で、接客の基本に立ち返って、お客さま一人ひとりとの出会いを大切にしたいと考えているそうです。

そんなトシさんの人柄がじんわりと漂う「接心庵 利」は、居心地のよい、大人の隠れ家のような空間。美味しい料理もさることながら、人生の先輩・トシさんとの味わい深い会話も魅力! 不思議とまた来たくなるお店です。

 

●接心庵 利

広島市中区堀川町1-15 5F

(営)18:00〜(完全予約制)

(休)不定休

(tel)082-247-3013

(ケータイ)090-3377-6680

(HP)http://hazuki-towaki.com

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡小百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。