普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.23表紙

vol.23
2017年
11月1日発刊
  • すごい事
  • 177
  • から
  • 184

177

猫新聞編集長

杉田 梨菜

(スギタ・リナ)

猫好きカメラマンの新聞がニャン友をつなぐ!

fs177_sub01猫好きによる、猫好きのための読みものがあるといいな…。そんなふとした思いつきから、本業のフォトグラファーのかたわら、インターネット上で自作の『猫新聞』を配信するようになった杉田さん。

子どもの頃から大の猫好きで、幼稚園から高校まで、家族の一員としていつも猫が身近にいる日々を過ごしていた。もちろん今も杉田家にはシラタマくんとコマくんという2匹のオス猫が同居している。

「そもそも新聞の配信を始めたのも、猫を愛する仲間たちと互いに写メを見せ合い、愛猫自慢をしていたのがきっかけだったんですよ」と笑顔で語る杉田さん。『猫新聞』には“ニャンドル”という人気コーナーがあって、そこには杉田さんが撮影した猫たちが掲載されているのだが、フォトグラファーとして猫たちの写真を撮るようになったいきさつを、彼女はこんな風に語ってくれた。

fs177_sub02「写真を撮る仕事をしていながら、先代猫たちの写真を全然撮っていないことに気づいたんです。たとえ撮っていてもケータイ写真だったりすると、ケータイを変えるとどこにいったかわからなくなったりして、手元に1枚も写真が残っていなくてとても後悔しました。だから、ご縁があって出会った猫たちをこうして撮るようになったんです」

偶然出会った猫といえど、猫好きフォトグラファーにとっては、どうやらほっとけない存在らしい。子どもを持つママたちが“ママ友”としてつながるように、猫を愛する人たちも“ニャン友”としてつながっていく。そのつなぎ目として、杉田さんの『猫新聞』は一役買っているのかもしれない。

web限定のおすすめ情報

大手フォトスタジオのスタジオカメラマンを経て、現在フリーとして活躍する杉田さん。主に人物と猫のポートレートを撮っているそうですが、自然な表情を引き出す技はさすがフォトグラファー! 『猫新聞』やインスタにアップされている写真にも、被写体の“らしさ”を見逃さない、フォトグラファーならではの瑞々しい感性がとても印象的です。

「猫新聞を読みたい!」、「杉田さんに愛猫を撮ってもらいたい」あるいは「自分自身のポートレートを撮ってほしい」という方は、まずは上記のフェイスブックをチェックしてみてください。この機会に大切な猫ちゃんの写真集を作ってみるのもよいかも!

※本業のカメラの他に、メルカリコンサルタントとしても活躍する杉田さん。メルカリで副業に挑戦してみたいという方は必見です!

 

●Sugita Camera

(FB)https://ja-jp.facebook.com/rina.sugita.7

(IG)https://www.instagram.com/sugitacamera/

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡小百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。