普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.25表紙

vol.25
2018年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 193
  • から
  • 200

194

舟入ラジオ体操会 代表

兼重 璋夫

(カネシゲ・アキオ)

広島のラジオ体操の聖地、舟入第一公園

fs194_sub01子どもたちにとって、ラジオ体操といえば夏の風物詩。夏休みの終わりにスタンプがいっぱいになったカードを見て、喜んでいたものだが、最近では子どもたちのあいだから夏休みのラジオ体操の習慣が消えつつあるという。
一方、大人たちのあいだでは、面白いことにその逆の現象が起きている。数年前、ラジオ体操の効果を見直す書籍が発売されたのを機に、多くのメディアで取り上げられるようになり、密かなラジオ体操ブームが起きているそうなのだ。
実際、広島市内だけを見ても、毎朝24の会場でラジオ体操が行われており、なかでも1953年に結成された「舟入第一公園ラジオ体操会」は一番の古株! ブームが始まるずっと前から、舟入町住民の手によって引き継がれてきた同会は、今ではすっかり地域の誇りとなっており、最近では舟入町はもとより、近隣地区からの参加者も増え、ラジオ体操の普及に貢献したと、全国表彰(2017年)もされている。
1978年から会の運営や体操指導に関わる代表の兼重さんは、「毎朝、参加者の元気な顔を見ると、それだけで1日のよいスタートが切れます。これからは若い方にもどんどん参加していただいて、次の世代にバトンタッチできれば…と思っています」と語るが、いまのところ、参加者は70歳以上の高齢者が中心。同会の活動が話題となって、子どもたちの参加も若干増えてきたが、未来に向けて会を引っ張ってくれるような世代の参加は少ないそうだ。
fs194_sub02「親の代から引き継いで65年間続いた会なので、自分の代で途絶えさせたくないですね」と言う兼重さん。その思いを受け継ぐ後継者が現れることを期待せずにはいられない。

web限定のおすすめ情報

子どもの頃から慣れ親しんでいるせいか、その効果があまり知られていないラジオ体操…。「どうせ大した運動じゃない」と思っている人もきっと少なくないはず。でも、ラジオ体操には第一・第二、それぞれに13種類ものエクササイズが含まれており、通してやると30kcalものカロリー消費となるそうです。また、効果としては筋肉をほぐすストレッチ効果や筋力アップ、代謝アップに姿勢改善、腰痛・肩こりの改善など、広範囲にわたって健康づくりの手助けをしてくれます。最近では広島市が行う「高齢者いきいき活動ポイント」の対象にもなっており、70歳以上のラジオ体操愛好者が急増しているのだとか。どこでもできて、早起きや近隣の方とのコミュニケーションも楽しめるラジオ体操。皆さんもさっそく始めてみませんか。

 

●舟入第一公園ラジオ体操会

舟入第一公園(広島市中区舟入町10番1号)

毎朝6:30〜6:40(雨天中止)

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。