普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.26表紙

vol.26
2018年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 201
  • から
  • 208

197

中ちゃん 店長

宇高 弘幸

(ウダカ・ヒロユキ)

広島の元祖・オーバーナイトレストラン

fs197_sub01漫画やドラマ、バラエティなどで取り上げられ、密かな広島名物として認知されつつある、ウニクレソン。その発祥の店が、弥生町にある「中ちゃん」だ。
古くはちろりん村と呼ばれた、この一帯。最初は何軒かの屋台が集まって商売していたのだが、やがてそれぞれに店を構えるようになり、軒先まで客が溢れるほど賑わっていたそうだ。それが時代が過ぎるとともに、今では「中ちゃん」以外すべて姿を消してしまった。
「中ちゃん」も先代店主・中迫守さんが病に倒れた時は存続の危機にさらされたが、中迫さん自身が「この人なら!」といって後を託したのが、現在の店長、宇高さんである。
「先代店主はちょっと頑固で風変わりなところもあったけど、基本的には人が大好きで、多くのお客さんから愛された人! 今こうして商売できるのは、先代の人柄のおかげだね」
そう言う宇高さんも先代の人柄に惹かれて、足繁く店に通った常連さんの一人。先代のユニークな人柄が影響しているのか、この店に集まる客もなぜかユニークな人が多い。たとえば広島を訪れる大物ミュージシャンたちはコンサート後、「中ちゃん」に立ち寄るのが楽しみだという人も少なくないという。なかには「どうしても中ちゃんのお好み焼きが食べたい」と、九州のライブ会場まで出前を頼んだミュージシャンもいる(最終的には宇高さんが車を運転して現地まで届けたらしい)。
fs197_sub02…さまざまな伝説を持つ広島の名物店「中ちゃん」。先代から後を託された宇高さんの代でも、ぜひたくさんの伝説を残してほしいものだ。

web限定のおすすめ情報

最近では『ワカコ酒』の影響などで、ウニクレソンとともにすっかり全国区のお店になった「中ちゃん」。看板メニューのウニクレソンの他にも、麻婆豆腐やお好み焼き、中華そば、つけ麺などがオススメ! また、店内の黒板には、その日のオススメが書かれているので、来店の際は忘れずにチェックしてくださいね。

 

●中ちゃん

広島市中区弥生町6-8

(tel)082-243-6067

(営)18:00~翌3:00(材料がなくなり次第終了)

(休)日曜

web限定フォトギャラリー

写真撮影:朝比奈千明 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。