普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.30表紙

vol.30
2019年
8月1日発刊
  • すごい事
  • 233
  • から
  • 240

237

ひろしまジン大学 代表理事

平尾 順平

(ヒラオ・ジュンペイ)

まち・ひと・未来をつなぐ、学びの場 

fs237_sub01広島にお住いの方なら、平尾さんのことはTVのコメンテーターやラジオパーソナリティーとして知っているという人も多いだろう。では、社会起業家としての平尾さんはどうだろう。たとえば彼が軸足を置く活動、“ひろしまジン大学”について知っている人は、案外少ないのではないだろうか。
そこで、まずは平尾さんたちの取り組みを知ってもらうため、「ひろしまジン大学とは?」というド・直球の質問を投げかけてみた。すると返ってきたのは、「人と人を結ぶ、学びの場かな」というシンプルな答え。平尾さんいわく、「ここでは広島に暮らす人みんなが先生です。互いに教える人や学ぶ人となりながら、このまちのことをもっと考えられるようにすること、それが僕らの目標とするところ」らしい。
時には老舗茶舗のご主人に美味しい煎茶の入れ方を教わったり、またある時はイスラム教徒の方たちと一緒にラマダンを体験したり。興味のあることなら、学びのテーマは何でもいい。とにかくいろんな人とつながること、それ自体がまちの財産となり、まちの未来をつくる原動力になるという。
fs237_sub02実はこれまでに学生時代も含め、国際協力の仕事で50カ国を巡ったという平尾さん。どの国でも被爆地ヒロシマを知らない人はいなかったが、それ以上の情報がアップデートされていないことがとても残念だったという。その時感じた「片仮名のヒロシマだけでなく、広島の魅力をもっと知りたい、知ってほしい」という思いは、平尾さんの原点となっている。だからこそ平尾さんがつくった学びの場は、いまを生きる広島の人たちを通して、“普段の広島”を教えてくれる。少しずつ変化する“このまちへの想い”を実感できるのだ。

web限定のおすすめ情報

記事中でふれている「地域学習事業」の他に、「交流事業」や「地域拠点事業」、「まちづくり支援事業」といった事業も手がける、ひろしまジン大学。多方面で地域にネットワークを構築し、まちの元気につながる取り組みを展開しています。なかでも最近力を注いでいるのが交流事業のひとつ、「Hello! Hiroshima プロジェクト」。年々増え続ける外国人観光客に、広島の「人」と出会い、広島の魅力をもっと知ってほしいという思いから、広島駅を拠点に外国語でわかりやすくご案内する市民主体の活動を展開中。興味のある方はぜひ一度、ひろしまジン大学のHPでチェックしてみてください。その他、地域学習に参加したいという方も大歓迎! “学び”が結ぶご縁をお楽しみください。

 

●特定非営利活動法人 ひろしまジン大学

(HP)https://www.jindai.hiroshima.jp

 

ひろしまジン大学の新オフィス、

Machi+Gotoへ行こう!

令和元年となる5月1日に新事務所へと移転したひろしまジン大学。今回の取材はその新拠点、Machi+Gotoで行いました。草津の旧宮島街道沿いにある古民家を改装した同スペース。今後はひろしまジン大学のオフィスとしてだけではなく、「泊まれるオープンスペース」として、幅広い活用を予定しているそうです。日中のみのイベント利用から宿泊型の研修・ワークショップまで、使い方は皆さん次第(ちなみに料理ができるキッチンもあります!!)。 Machi+Gotoについてもっと知りたいという方は、新たに開設したMachi+Goto 専用のHP(https://www.machigoto.hiroshima.jp)にアクセスしてみてください。

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡早百合 / 文:寿山恵子

次のすごい事

お腹と心がじんわり温まる、魅惑のカレー 

じわじわカレー店主

中 大輔

「カレーみたいに、何だかじわじわくるキャラだよね」というのが、じわ男さんこと、中大輔さんの第一印象。奥さんによると、一日中カレーのことばかり考えているらしく、それ以外のことはすべて二の次。トレードマー...(続きを読む)

前のすごい事

いつもそばにいてくれる、世界にひとつだけの歌

singer song writer

setomayu

旅と地元をこよなく愛するシンガーのsetomayuさん。大学時代はピースボートの一員として、なんと地球を3周もしたのだとか。卒業後は東京で就職するものの、地元の海と潮風が恋しくて、会社生活を卒業。現在...(続きを読む)

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。