普通の人のすごい事

広島でがんばっている普通の人のすごい魅力を紹介するフリーペーパー

関連情報

vol.25表紙

vol.25
2018年
5月1日発刊
  • すごい事
  • 193
  • から
  • 200

97

温泉茶家元

寺本 紫織

(テラモト・シオリ)

湯気を囲んで、いい茶だな♨

ほっと一息つくためだったり、おもてなしの一服だったり、暮らしの中のいろんなシーンに登場するお茶は、つくづく奥の深?い飲み物だなぁと思う。そんなお茶に魅力を感じて、気軽にお茶を楽しむ「温泉茶」なる流派を立上げた寺本さん。「温泉茶」というユニークなネーミングは、「湯気を挟んで、こころもからだもとろ?んと溶けていくような快感…、これってまるで温泉だな」という感覚に由来しているらしい。
現在、寺本さんは各種イベントなどを通して、お茶の楽しみ方を紹介しているが、「温泉茶」のお点前にはこれっといった決まりがあるわけではない。お道具も使う人自身が気に入ったもの、使いやすいものを自由に使う。ただ、その場に集まった人が、一杯のお茶でほっこり幸せな気分を分かち合う。おそらくそれが「温泉茶」唯一の決まり事だろう。取材当日も家元が振る舞うお茶をいただきながら、お茶にまつわるあれやこれやで話が盛り上がった取材陣(初対面にも関わらず…)。寺本さん自身の温かなパーソナリティとお茶の魔法が、お茶会の場をあっという間に心の湯治場に変えたのかもしれない。

web限定のおすすめ情報

●温泉茶
フリーディレクターとしても活躍する寺本さん。お茶が大好きで、以前から日本茶インストラクターや中国茶インストラクターの勉強をしていたそうです。そんな彼女がライフワークとして立ち上げたお茶の楽しみ方が、温泉茶。かわいいお道具や美しいお菓子にワクワクしながらいただくお茶はとっても美味しくて、こころもからだもみるみる元気になりました。皆さんもぜひ一服のお茶がくれる至福のひとときを味わってみてください。

 

●「温泉茶」の出張イベント
尾道の「せとうち 湊の宿 出雲屋敷」をひと館まるごと貸し切りにして、お茶や季節の料理、お香遊びなどを楽しむ優雅なイベントが開催されます。もちろんお茶部門で「温泉茶」も参加されるとのこと。興味のある方は下記HPよりお問い合わせください。(その他の温泉茶イベントもこちらでチェックしてくださいね!)
(HP)http://onsencha.com

 

●教室のご案内
NHK文化センターで温泉茶家元・寺本さんによる「季節を楽しむお茶時間」と題したお茶の教室が開催されています。4月から9月までの講座ですが、途中受講もOK! まだ、若干残席があるようなので、温泉茶のまったり感に触れたい方は、ぜひ、ぜひ、ご参加ください!

web限定フォトギャラリー

写真撮影:吉岡早百合 / 文:寿山恵子

この記事を見た人たちはこんな記事も見ています

※本サイト掲載の記事・写真・イラスト等の無断複写、複製、転載を禁じます。